旅は心のビタミン
瀧波雅彦

Travel is vitamin for heart
MASAHIKO TAKINAMI

自己紹介

経歴

瀧波雅彦(たきなみ まさひこ)

Masahiko Takinami

経歴
生年月日:1960年12月15日

埼玉県与野市生まれ


小学校まで埼玉県久喜市に住んでいましたが、中学は宮城県仙台市、高校を埼玉栗橋町(現在の久喜市)、大学を東京水道橋と転々としながら過ごす(父が銀行勤務だったのに転勤も多かった)



学生時代はインドや東南(盗難)アジアそして中国各地を放浪 当時中国はまだ個人の自由旅行が許されてなかったので日本でいっていた大学と中国現地大学の日中友好交換訪問制度に参加しました



大学卒業後、2年大阪で仕事する。転勤のため緊急渡米し当時勤務していた流行会社のニューヨーク本社での6け勤務後に大阪支店、ボストン支店、シカゴ支店、ニューヨーク本店、シアトル支店、ワシントン支店、オーランド支店で主に航空券でを薄利多売方式で販売をおこなう。


その後日本からの観光客や業務でアメリカ東部にくるお客様に、ホテル予約、レストラン手配、ツアーガイドを行う、自分の専門分野は東海岸の手配。アメリカに来てからは休みがあれば中米、カリブ、南米(特にペルー)を旅する。共同経営の旅行代理店(ツアーオペレーター)にて日本からのツアーの手配、通訳やガイド、ホテル手配を経て1998年よりボストン観光を立ち上げシカゴ観光(2015年~)ボストン留学サービス(2018年1月バンコク本社 7月マニラ支店)を経営しています。


2004年7月よりJMagazineのオーナーに就任。何度もピンチにあいながらもボストン&シカゴ、フロリダの日本人に愛される雑誌(フリーペーパー)を目指して奮闘していいます。

夢:フロリダ西部に民宿を持つ事

趣味:


1野球 

観るのもするのも大好きです 

ポジション捕手

心からボストンレッドソックス シカゴカブス 千葉ロッテマリーンズを愛しています。

2 旅行(日本の全都道府県、全米50州を制覇。中米、南米、ヨーロッパへの旅行経験もあります アフリカだけ行ったことありません)


3 人と会うこと

最近は健康の大切さを実感する日々

飲みすぎ食べすぎに気おつけてさらに痩せること

play hard & work hard


Hope & Keep Busy


旅は心のビタミン!!


Experience and knowledge

ความน่าเชื่อถือและความสำเร็จ


Career

 Makihiko Takinami (Masahiko Takanami)


Masahiko Takinami

Career

Birth date: December 15, 1960


Born in Yono city, Saitama prefecture.



I lived in Kuki city in Saitama prefecture until elementary school, junior high school spends Miyagi prefecture, high school as Saitama, university as Tokyo and so on (there were also many relatives of my father)






When I was a student I wandered India, stolen Asia and China China was not allowed to travel freely yet, so I joined the school exchange visit system





After graduating from college, I work in Osaka for about 2 years. After traveling to New York head office for emergency due to relocation, we will mainly sell air tickets in a low-priced manner in Boston, Chicago, New York, Seattle, Washington, Orlando. After that, we will arrange hotel reservations, restaurant arrangements, tour guides to visitors in the eastern part of the United States for tourists and business from Japan, specialized on East Coast arrangements. After coming to America, if you have a holiday, travel in Central America, the Caribbean, South America (especially Peru). Currently he is a jointly-operated travel agency (tour operator), while arranging tours from Japan, working on interpreters and guides, hotel arrangements, as an owner of JMagazine since July 2004. I am struggling with the aim of being a magazine (free paper) loved by Japanese in Boston.

Dream: having a inn in West Florida

Hobbies: Baseball


I love to watch and also


Position catcher

Traveled (I won all 50 prefectures in Japan, 50 states in the US, travel experience in Central America, South America, Europe, I have never been in Africa only)

Recently I realize the importance of health days.

play hard & work hard




Contact: 338 SAINT PUAL ST BROOKLINE MA USA

617-515-1822

617-879-1510


 Vocalist Amanda Carr sings The National Anthem at Fenway Park to kick of The Red Sox. 1997 


https://www.youtube.com/watch?v=IZaJ9mpf9Ug


 


Game 4 of the 2004 ALCS - Mariano Rivera's blown save


https://www.youtube.com/watch?v=_9KxHOLQ40A 


bot of 8th inn at fenway park

https://www.youtube.com/watch?v=MTFmQTdMNpw


音楽は人生のビタミン

http://makotoozone.com/

http://www.hiromimusic.com/

https://en.wikipedia.org/wiki/Berklee_College_of_Music


http://www.bluesblastmagazine.com/featured-interview-sumito-ariyo-ariyoshi/


https://www.youtube.com/watch?v=XobDd2MhuyM


野球は魂のビタミン
https://www.mlb.com/redsox

https://www.marines.co.jp/


never  never give up !  
http://www.hudl.com/profile/3159964/Kay-Takinami


http://www.maxpreps.com/athlete/kay-takinami/c-PY4CQoEeS00gAmVebEWg/videos.htm



 


 



きっかけ

旅をサポートする仕事にはまったきっかけをご紹介します。父親が銀行員で転勤が多かったためいく先々で週末のたびにドライブ旅行に連れて行ってもらった。仕事では毎晩遅くまで自宅に帰ってこなかったけどやさしくていい父親で週末はよく旅行につれていってもらった、夏休みは毎年10日ぐらいの家族旅行をしました。最初は旅を趣味にして仕事は電気関係いまならコンピューター関係に進もうとおぼろげながらに考えていましたらゲルマニュームでラジオを自作して初めて電池もないので自分が作ったラジオから音が出たときの感動は忘れません。そのころ飛行機って狭くてつらそうだからいっそベットにしたらいいとか、バスクリンが緑だけでは面白くないからいろいろな色 ジャスミンだけでなくいろいろな香りを楽しめたらいいと小学校の担任にいつもまとめる日記に書いたら雅彦君もっと現実可能な夢を書きなさいとおこられた(^^)担任の**先生は僕にいいました、雅彦君君の書く夢は大きすぎるもっと実現可能な夢を書きなさいと、、、それから数年後、高校の修学旅行を担当した(株)近畿日本ツーリストの添乗員さんの仕事ぶりに憧れていっぺんに旅を仕事にしようと方向転換しました。なにせTCさんは我々に言った、どうせ君たち先生に隠れて酒飲むんだろ? 俺も昔はそうだった、まくらなげもやってよし、でもなタバコだけはやめてくれ タバコは見つかったら一発レッド(退学) 火事でも起こしたら俺も首になる 深夜2時ごろ 枕投げをひととうり終わった我々男子はプロレス大会をやりジャイアント馬場(セカンドなら君)の32もんキックをうまくよけた(サード菊池)があまりにもうまくよけたた為 セカンドならの身体能力によって京都美津濃旅館の壁には大きな穴があいて隣の女子の部屋と自由に半紙ができるようになった できることになった 一応キャプテンだったわたしは布団をその部分に高く積めと指示を出したが穴の位置が高いためやっぱばれた 長くなるので続きを聞きたい方は 直メイル ください。お電話でもけっこうです。


 今の夢:フロリダに民宿を持つ事

趣味:野球

(観るのもするのも大好きです ポジション捕手)

   
   

 歴史

日本で生まれる。実家はお酒屋さん、父親は銀行員 母親も


小学校のときはけっこう成績のいい優等生。

父親が仙台に転勤:
仙台の名門中学にいきそのとたん成績が下がる、というより周りがいい人ばかりで落ちこぼれになる。学校はいってたけど不良の親友がおおかった、この時期に野球が自分はなざかうまくなった思い、本格的に野球をする、というか勉強で人に勝つのを潔くあきらめる。中学ではファーストとサードそして3年の時は投手として仙台市の大会で3位になる。この頃パリーグの野球という麻薬にそまりセリーグの野球を馬鹿にするひねくれた性格が形成される(今はリスペクトしています)県営宮城球場で見たカラフルなオリオンズのユニフォームは夢の衣装。そして6球団がすべてすばらしく真剣行われる野球に魂を揺れ動かされた、しかしスタンドはガラガラだった。試合がある日は授業を早い目に抜けオリオンズのチームとしての動きを試合開始2時間前から試合終了後まで追いかける。

単身で関東地方に戻る(15歳)
高校時代:
高校受験に失敗、東京の名門私立(早稲田実業や日大一高、芝浦工業大学付属など)しか受けなかったのであまく見ていたのです。
なんとか最終的に埼玉の高校にもぐりこみ野球部に入部する。サッカー部から親友を引き剥き投手にして猛練習する、自分はまずは内野(ショート セカンド)から始まり外野にコンバートそして最終的に捕手として選手生活を終えた。どこでも守れるのが唯一の能力か、、、2年で監督や部長にチームのキャプテンにしていただいたので人をまとめるのが得意になった。やはり高校野球の夢である甲子園を目指したが3年の最後の試合で所沢商業高校に惨敗して初めての野球での挫折。プロにいくレベルの選手が5人も相手チームにいたとはいえいえやはり悔しくて悔しくて野球をやるのをやめようとさえ考えた。
高校時代はなぜかマスコミに追いかけられることの多い選手だった、理由は相手が強いとなぜか大きな声で明るくそして情熱を上げるユニークな選手なので各マスコミからはかわいがられたが、グランド以外で対応するのは正直嬉しかった面もあるけど疲れた。

大学受験に失敗:
大学時代:
専門学校2こと大学2つに同時にいくが最終的は日本大学を法学部を卒業(法学部なのに商学部、文学部そして日芸のキャンパスにいるほうが多かったかも)でも法学部のある水道橋は野球を見る環境が整いとても楽しかった、そして食事は安く美味しかった。法政大学文学部は授業料が払えなく結局除籍あつかい、あの日本の歴史の汚点のひとつ江川事件の頃なので後から考えたらよかったのかもしれない、でも文学部地理学科の事業はかなり面白かった、在学中はアジアへの放浪と旅行会社や外資系ファッション関連会社そして海の家でのアルバイトに明け暮る。英語の勉強ということでモデルエイジェシーで働いたこともあるが、あれだけアルバイトしてあれだけ旅に出たのに幸い留年は幸いありませんでしたが。単位だけは244単位取りました。就職試験には大失敗。

日本のすべの都道府県に旅をした
スリランカから始まった世界への冒険旅行は国の数が途中から数えられなくなった。

就職試験に失敗:
第一希望の会社の4時面接で言いたいこと言い過ぎてコテンパンに怒られた。
中東での仕事の内定後もいろいろあり渡航できなくなった。人生お先真っ暗状態。
3人でやっている法律上もぐりのかなり怪しげな旅行会社に約3分の面接で採用決定、その場で大阪支店長の辞令をいただく。大阪で商売の厳しさに、何回も負けそうになりましたが、なぜか結構楽しく生活していました。街は楽しいけどあまりにも寂しいので彼女をすぐ作る。就職した会社のアメリカ本社が倒産しそうになり、その関係でアメリカに転勤する。

NY,OSAKA,BOSTON,CHICAGO,NY,OSAKA,NY,SEATTLE,WASHINGTON DC,ORLANDで仕事する。主に航空券の販売業務と総務、人事、最後の職務はツアー部門の立ち上げ。営業、総務、人事、予約管理、予約、クレーム処理が得意、苦手なのが航空券の発行と経理。

日本へ移動。四国(建築関係)と埼玉(地球環境関係)で短期間仕事しながら人生の面白さを感じる。

日本語雑誌の運営に参加、それからホテル手配、食事の手配、ツアーガイドが今の仕事。ボストンの情報を本や雑誌、ラジオやテレビを通じて世界中に送るのも仕事のひとつです。大きな夢があるのでお金ためないといけない時期。

できるだけ早く民宿を持つ夢を追いかけるも毎日がほんとうに挫折の繰り返し。
 

住んでいる町ボストンについて

 住んでいる町マサチューセッツ州ボストンについて


まずは動画で街並みの雰囲気をお楽しみください。

About Boston living in town

  About Boston, Massachusetts, living in the town




First of all, please enjoy the atmosphere of the city skyline with movie.


https://www.youtube.com/watch?v=gPXKLnVFRGI&feature=share



ボストン(Boston)は、アメリカ合衆国北東部にある都市。マサチューセッツ州の州都、 人口は約60万人、都市圏人口は580万人に上り、全米では7~8番目の商圏になる。アメリカ発祥の地として有名で、英国をにおわせるような古い町並みが至る所に残り東海岸有数の観光都市としての性格を見せる、ボストンといえばシーフード!ロブスターやクラムチャウダーの美味しいレストランも多数ある。ボストンシンフォニーやボストン美術館と音楽や芸術を楽しむ場所もおおい。それだけでなく最近は経済、金融 の中心として発展、教育や医療の面ではアメリカの各地区からいい見本とされている。バイオテクノロジイ産業の進出は目覚 


Boston (Boston) is a city located in the northeastern United States. The state capital of Massachusetts has a population of about 600,000 people, a population of 5.8 million in the metropolitan area, and it is the 7th to 8th commercial area in the nation. Old townscapes that are famous as the birthplace of the United States, like the smell of the UK remain everywhere and show the personality as one of the leading tourist cities of the East Coast, Speaking of Boston is seafood! There are also many good restaurants of lobster and clam chowder. Boston Symphony and the Boston Museum of Art and places to enjoy music and art are also plenty. Not only that, it has recently been regarded as an economic and financial center, developed in education and medical aspects as a good example from each region of the United States. Biotechnology I Advancement of industries is awareness


http://www.mlb.jp/playerlist/


 本場での大リーグ野球観戦、特にフェンウェイ球場の興奮は一度は味わってみたいもの。隅々まで手入れの行き届いた美しい芝と土のにおい、そして世界中から集まってきた一流の選手たちが熱戦を繰り広げるのがアメリカ大リーグの魅力です。ボストンレッドソックスはアメリカで最も歴史と伝統のあるチームです。1912年に誕生したフェンウェイは現在30あるアメリカメジャーリーグの球場の中で最古の球場です。フェンウェイ球場は内外野席を合わせて、約38,000席(立ち見も含む)と比較的小さいので、一部のセクションを除きほぼどの座席からもいい条件で選手のプレーを観ることができます。チケットだけの手配または送迎付き観戦ツアーどちらも手配可能です。 レッドソックス観戦のお問い合わせはお気軽にご連絡ください。 


The main league watching baseball game, especially the excitement of the Fenway stadium is what I'd like to taste once. It is the charm of the ML League that the beautiful turf and the smell of soil carefully carved every corner, and the leading players gathered from all over the world will fight a war. Boston Red Sox is the most historical and traditional team in the United States. Fenway, which was born in 1912, is the oldest stadium among 30 stadiums in the US Major League. Because Fenway stadium is relatively small, including approximately 38,000 seats (including standing) together with the inner and outer outfield seats, you can watch players' play with almost any seat except for some sections. Arrangement for tickets only or watching tour with shuttle can be arranged either. Please do not hesitate to contact us if you wish to watch the Red Sox.


game date

http://www.mlb.jp/schedule/


book it

http://tours.bostonkanko.com/show_tour.php?id=24


this is MLB
https://www.youtube.com/watch?v=AtaIOx6AcOI&app=desktop


GO GO REDSOX

http://boston.redsox.mlb.com/bos/fan_forum/rsn/pop/candidate_takinami.jsp


GO GO CUBS

TBA


the coop !
https://store.thecoop.com/


お問い合せ

ぜひご連絡を!

あるいは直接お目にかかりましょう!

弊社では、通常の営業時間中、いつでもお客様を大歓迎いたします。

瀧波雅彦

338 saint paul st suite 6, brookline, MA 02446, us

(617) 515-1822

時間